*music

sutero choice sound selection

新書「コルトレーン -ジャズの殉教者-」を読む

   

John_Coltrane

ジャズを聴くきっかけであり、CDやアナログもアーティスト単位でみると一番持っている、大好きなジョン・コルトレーン。

音は今もよく聴いているけれど、コルトレーンに関する文章はブックレットのライナーだったり雑誌で読んだことはあるものの、これまできちんと読んだ事は無かった。そこで先日ふと出会ったのがこの新書。

ジョン・コルトレーン(1926-67)。そのサックスからほとばしる音は、ジャズという音楽を根底から変えた。本書は、コルトレーンをよく聴く人はもちろん、これから聴き始める人にも格好の決定版評伝である。熱く煮えたぎる時代のなか、音楽が世界を変えると信じ、ジャズの可能性を極限まで追求しつづけた男の全生涯を描く。

日本でのコルトレーン研究の第一人者である藤岡靖洋氏による、簡潔でありながらもコルトレーンの生涯をキレイにまとめてある一冊。知らなかった事もたくさん書いてあってとても面白い。

こういう文章を読んで、またコルトレーン音楽の楽しさに気付き、ますます聴きたくなりつつ、これからコルトレーンを、という人に今の気分でオススメするならデューク・エリントンとの「Duke Ellington & John Coltrane」という一枚。

Duke Ellington & John Coltrane - Duke Ellington & ジョン・コルトレーン

この作品、いわゆるバラード三部作と呼ばれる中の一枚で、決してその当時(1962年)のコルトレーンがやりたかった音ではないのだけれど、何とも言えぬ優しい音に溢れた素晴らしいアルバム。全てワンテイクで録音されたエリントンとコルトレーンの一期一会な天才たちのセッションを堪能出来る。

 - Jazz

  関連記事

Ellis in Wonderland

ジャズギタリストでありコンポーザーでもあるハーブ・エリスの1stリーダー作である …

Miles Davis – Tutu

TutuMiles Davis価格: 800円 posted with stic …

Friedrich Gulda at Birdland

クラシックのピアニストとして有名なフリードリヒ・グルダの1956年録音のバードラ …

最近買ったBill Evansの3枚
最近購入したBill Evansの3枚

最近といっても春先でちょっと前だったりするのだけれど、最近よく聴いてるエヴァンス …

ようやく入手。森山浩二&山本剛トリオの「Night and Day」。

昔からずっと欲しい物リストに入りっ放しだった、森山浩二&山本剛トリオの「Nigh …