*music

sutero choice sound selection

Ellis in Wonderland

      2011/06/02

ジャズギタリストでありコンポーザーでもあるハーブ・エリスの1stリーダー作である1955-1956年録音の「Ellis in Wonderland」のご紹介。

ジョー・パスとのギターデュオ作がいくつかあったり、オスカー・ピーターソンのコンボの常連だったりと、それなりにメジャーなフィールドで活動しつつもリーダー作は地味な存在のエリスさん。このアルバムタイトル「Ellis in Wonderland」はパッと見でお分かりの方もある通り、不思議の国のアリス、そう、「Alice in Womderland」に引っかけて名付けられたもの。もちろん、その遊び心はタイトルだけではなく、同タイトルの楽曲もきっちり収録されております。

アルバムの半分が自身の楽曲でサウンド的にはとっても優しいスイング。リーダー作だけあって、メインのメロディのほとんどをギターが奏でているのであるが、音が籠もってるよ!って言いたい位にウォーム感たっぷりのフルアコのフロントピックアップの音色が絶妙で大好き。この中で一番有名な曲はエリスも共作として名を連ねビル・エバンスが「Waltz for Debby」の中でも演奏してる「Detour Ahead」かな。両方を聴き比べると同じ曲でも全然雰囲気違ってて、このアルバムの「Detour Ahead」は暖炉の前でロッキングチェアーに揺られてるかのような暖かさ、エバンスの方の「Detour Ahead」はホントに静寂って感じがする。

色々と述べたけれど、実際このアルバムに手を伸ばしたキッカケはジャケが黄色くてカッコいい!って思ったから(笑)。ジャケ買いよジャケ買い。でも、そういう直感的巡り合わせも聴く音の幅を広げてくれる、自分にとっては大切な行為だったりする。

Ellis In Wonderland - Herb Ellis

 - Jazz

  関連記事

Friedrich Gulda at Birdland

クラシックのピアニストとして有名なフリードリヒ・グルダの1956年録音のバードラ …

Miles Davis – Tutu

TutuMiles Davis価格: 800円 posted with stic …

最近買ったBill Evansの3枚
最近購入したBill Evansの3枚

最近といっても春先でちょっと前だったりするのだけれど、最近よく聴いてるエヴァンス …

新書「コルトレーン -ジャズの殉教者-」を読む

ジャズを聴くきっかけであり、CDやアナログもアーティスト単位でみると一番持ってい …

ようやく入手。森山浩二&山本剛トリオの「Night and Day」。

昔からずっと欲しい物リストに入りっ放しだった、森山浩二&山本剛トリオの「Nigh …