*music

sutero choice sound selection

Elis Regina in London

      2011/02/19

*music再開の一発目はまたもや「Elis Regina in London」から。以前の様にログを消してしまった訳でもなく残ってるのではあるけれど、再スタートを考えた場合にやはりこのアルバムが浮かんで来たのであった。

この十数年、常にヘヴィーローテーションであることには変わりないが、ここ1年半ちょっとの間に一つ劇的な変化があった。iPhoneを使い始めたということ。iPhoneで何がそんなにという感じだけれども、このアルバムの1曲目、「Corrida de Jangada」のイントロ部分12秒を着信音にしているということ。iPhone買った日から今日までずっとこの曲が着信音として鳴り続けてくれている。iTunesでこの曲がかかると電話かと思ったりするのもあるが。。。

そんな感じでこのアルバムは生活の一部みたいに感じていつつ、改めて思ったことでも書こうと思う。端的に表現するなら前回書いた

オーケストラの スモールコンボと、ブラジリアンなサウンド、これらが交じり合い、素敵な化学反応を醸し出してくれるアルバムは「Elis Regina in London」以外には無い。そんなアルバム。

ということで申し分ないのだけれど、じっくり聴けば聴くほど、ブラジル的とかオーケストラとかそういうことではない、「Elis Regina in London」は「Elis Regina in London」である、ということだ。他にもこういう雰囲気の作品はあるし、Elis Reginaの他の作品にも素晴らしい作品はある。しかし、こんなに素晴らしく、グッと来て、嬉しくて、楽しくて、ワクワクする音はこの「Elis Regina in London」だけなのだ。

一発目からとってもまとまりきってない説明をしてしまったが、この先何十年と聴きたい音の最前線に留まり続けてくれる1枚である。アルバム内での好きな曲は時と共に多少変わってたりするのであるが、現在のお気に入りはラスト曲「O Barquinho」だ。

イン・ロンドン
イン・ロンドン

posted with amazlet at 10.03.01
エリス・レジーナ
ユニバーサル インターナショナル (2002-03-21)
売り上げランキング: 21527
おすすめ度の平均: 5.0

5 究極のEroticism 
5 エリス・レジーナ・イン・ロンドン
5 ジュランヂール・メイレーリス
5 瞳をみつめて
5 伝説のセッション!ライブだと思って聴いてほしい!

 - Brazil

  関連記事

ミナス系な美しい室内楽 「Felipe Jose – Circular Musica」

アントニオ・ロウレイロ大好きだとくればブラジルはミナスの新世代音楽シーンはチェッ …

2011年一番聴いたAntonio Loureiro

2011年も本日で終了。このブログ的にはほとんど紹介できませんでしたが、今年も1 …